公演記録*公演予定お知らせお問い合わせお稽古場のご案内入門のご案内吾妻流について
 
吾妻流について

 

  

  



吾妻流の系譜(一)
吾妻流の系譜(二)
吾妻流の系譜図
吾妻流役員
吾妻流所縁の出版物

吾妻流の歴史は古く、元禄時代(1688〜1704)の終りごろに初代吾妻東蔵により創流されました。 初代吾妻東蔵は俳名園 枝、初め藤次郎、後に東蔵を名乗る。
屋号は吾妻屋。 狂言作者中村清七の息子でした。 吾妻流二代目の吾妻藤蔵は初代東蔵の弟であり、俳名園枝、初め清之助、橘作。 八代目市村羽左衛門の子供分として初舞台を踏みました。 吾妻流三代目吾妻藤蔵は、二代目藤蔵の門弟でした。
俳名園枝、初め富五郎。 後に九代目羽左衛門の門弟となり、藤蔵を襲名しました。