公演記録公演予定お知らせお問い合わせお稽古場のご案内入門のご案内吾妻流について


















吾妻流について

 


吾妻流所縁の出版物
試験課題曲CD





「藤戸の浦(ふじとのうら)」
有吉 佐和子作

佐々木盛綱の話。
『平家物語』『源平盛衰記』にも記されていますが、有吉氏は母に子供を配し、為政者と庶民と云う対照でその内容は、現代にも通じます。

「赤猪子(あかいこ)」
有吉 佐和子作

雄略帝のお話。『古事記』より出典。
狩に出られた雄略帝が出会った赤猪子に「召す」と申されたまま八十年そのまま・・・。再会した二人は・・・。

「女の四季(おんなのしき)」
有吉 佐和子作

少女、娘、女房、老母を、春、夏、秋、冬を背景に謳いあげた作品。

「加賀の千代(かがのちよ)」
村上元三作

千代女の句を織り込み一生の心を表現した作品。

「桜しぐれ(さくらしぐれ)」
土岐 善麿作

有名な吉野太夫の情緒と、教養やたしなみに溢れた作品。

「三井の晩鐘(みいのばんしょう)」
梅原 猛作

画家三岸節子の作品に材を取り、母の身を捨てての愛情。笛のみの演奏と異色感動の作品。

「時雨西行(しぐれさいぎょう)」
第十五回「春藤会(しゅんとうかい)」初演の作品。黙阿弥の作。

西行法師は世を儚んで出家し、諸国行脚に出ます。江口の里で一夜の宿りを乞い、遊女と身上を語るうちに目をつぶると一変して普賢菩薩として心にうつり拝まれたという名曲。
吾妻流の代表演目となっています。

「北州(ほくしゅう)」
北州とは江戸の北にある廓(くるわ)、吉原を指し、そこの四季の風物を叙したものです。
一般には素踊りの御祝儀ものとして踊られていますが、藤間万三哉(まさや)(吾妻徳穂夫君)の独創的な振付により傾城(けいせい)姿で踊ります。

「傾城道成寺(けいせいどうじょうじ)」
亨保十六年江戸中村座初演。江戸に於ける道成寺者の最初の曲といわれています。爾来あまり上演されていませんでしたが、古典復活の波にのって、近年各流で上演される事になりました。昭和円十年二世宗家の第一回徳穂の回に於きまして「道成寺三趣」に取り上げて以来、好評を博し、極めつけとされて居ります。
他の道成寺と違う点は多々ありますが、特に、曲の中葉に急の舞があり、鐘入してからくどきと特殊な構成になっております。傾城葛城が小夜の中山寺に辿りつき、現世の苦しみから逃れようと無間の鐘を掻き、地獄に堕ちて責苦にあうという筋から別名『無間鐘新道成寺』『中山道成寺』ともいいます。

「熊野(ゆや)」
「謡曲能野より」
熊野(ゆや)とは女性の名前。平宗盛の愛妾。里にいる母親が病気となり、いとま乞いをするが許されない。お花見に心ならずも同行するが、花を散らす春雨に歌一首「いかにせん都の春も惜しけれど馴れし東の花や散るらん」に宗盛も暇を与えると云う内容。





「たちばな」
昭和9年、四代目家元(二世宗家吾妻徳穂、当時春枝)披露演目。
たちばなに由縁の景物を謳いあげ、幾久しく伝え、寿ぐ作品。

「櫓三番叟(やぐらさんばそう)」
市村屋の座付狂言(ざつききょうげん)に因み昭和46年に選曲。
扮装(こしらえ)が着流し、総巻(あげまき)と、橘で作られた鈴を持つのが特色。

「寿万才(ことぶきまんざい)」
「見物左衛門(けんぶつざえもん)」岡鬼太郎作
昭和9年の家元披露公演の時、「花橘寿狂言」として、これに「海道下り」で、市村座座付狂言であった事から復活上演しました。
「寿万才」は、太夫と才蔵にてお目出度き風物を謳いあげたもの。
「見物左衛門」は、現家元披露曲として復活上演。京(みやこ)の名所を巡る楽しく、様々な情景が描かれています。

「重ねたちばな(かさねたちばな)」
村上元三作詞
現家元の披露曲。
藤の花の風情に始まり、橘の実、更に花、橘のかぐわしさを謳い、重ねて匂う橘を世々に伝えゆくように願った作品。

「菊(きく)」
中内蝶二作詞
女の一生を菊の精に依って表現したものです。荅の禿(かむろ)から始まり、町娘、御守殿、村娘と変わってゆく中に、少女から娘、成人した女、そして秋祭や試練の嵐を経ても露枯れること無く、白菊の花こそ人の命と云う展開になっています。

「櫓のお七(やぐらのおしち)」
部屋内
有名な八百屋お七の踊りです。
櫓の場の前、部屋内で吉三に会いたいお七の人情が切々と表現されています。

「八月十五夜の茶屋(はちがつじゅうごやのちゃや)」
此の作品は、マーロン・ブランドと京マチ子との同名映画の中で芸者役蓮花が踊ったものです。
原題名“August moon in teahouse”

「吾妻賑(あづまのにぎわい)」
三世今藤長十郎作詞
江戸の祭り様々に木遣も加え、粋な祭りの賑わいになっております。
書下ろし初演は、吾妻徳穂、中村富十郎、吾妻徳彌の三代で上演しました。

「屋敷娘(やしきむすめ)」(義太夫)
屋敷下りの娘が、クドキ、まり唄等楽しむ、江戸の風俗風踊です。義太夫演奏が当流独特となっております。

「苗売り(なえうり)」
木村富子作詞
昭和10年、11回「春藤会」の作品。
夏の部として、江戸風物詩の風俗舞踊で清々しく、テンポも早く気の利いた曲です。

「浮世絵模様(うきよえもよう)」
邦枝完二作詞
昭和11年「春藤会」にて初演。
水茶屋の女おせんと役者瀬川菊之丞を詩い上げたもの。絵画的な美しさを見る作品です。